月経前症候群の改善にピルを継続して服用しよう

女性にとって非常に気が重くつらいのは生理ですが、その生理が始まる前の3~10日前に症状が現れる、月経前症候群(PMS)も、女性には憂鬱になる症状です。

月経前症候群は、生理が始まることでホルモンバランスが乱れることにより症状が出てきますが、その症状も人によって様々です。

体の不調としては倦怠感、頭痛、腹痛、便秘、胸が張る、吐き気などがあり、同時に精神面のバランスも崩れるため、妙に落ち込みやすくなったり、イライラして怒りっぽくなったり、集中力がなくなって仕事のミスが増えるなど色々あります。

また、ひどい場合では寝込んで起き上がれなくなってしまう人などもいるため、日常生活に支障をきたす場合もあることから、最近ではピルを継続して服用し、月経前症候群の症状を緩和する人も少なくありません。

ピルってもともと避妊薬ではないの?と思われる人もいるでしょう。
もちろん避妊効果があることは確かですが、それ以外にも女性特有の月経前症候群や生理痛、子宮内膜症などの改善にも役立つのです。

ピルは、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが含まれているため、服用することでそれが大量に体内に入り、生理が始まることによって乱れてしまったホルモンバランスを整えるので、改善につながるのです。

継続して飲むことは、月経前症候群の改善だけではなく、卵巣がんや子宮体がんの発生率を下げる効果も期待できます。

しかし、基本的にはピルは保険適用ができないため、毎月出費が重なるのはきつい思う人もいることでしょう。
その場合、避妊薬としてではなく、月経前症候群やつらい生理痛が病気と診断されればそのための改善薬として保険適用ができるピルもあります。

慣れたとは言っても、毎月つらい症状を抱えるのは気が重いものです。
継続してピルを服用することで、少しでも症状の改善につながるといいですね。