ソープでは低用量のピルが使われていることが多い

ソープでは低用量のピルが使われていることが多いです。ソープでは、日常的に性行為を求めて客がやってくるので、それに対応する身体に負担のいピルを利用しなくてはいけません。幸いにも、低用量のピルというのは身体に対する負担が少ない割に避妊の確率も9割以上あるかなりすぐれた薬なので使いやすいのです。
低用量のピルの成分は、一般的なピルとほとんど変わりません。卵胞ホルモンと黄体ホルモンで作られている薬剤であるため、それを服用すると服用した女性は妊娠をしている状態と同じ身体の状況を作ることが可能になるのです。妊娠を防ぐための手段として最も効率が良いのは、性行為をしても受精がないように排卵そのものをなくして生理が来ないようにすることなのです。その点、低用量のピルでは妊娠状態と同じような状態にする事が可能なので、これを服用すると妊娠することがなくなります。
また、ソープで働く人たちにとってピルは非常に身体の健康状態を守るためにも重要なものです。何故かというと、性行為によって生じる子宮頸癌の確率が約50%も少なくなるからです。常用的にピルを使用している人は、それを使用していない人に比べて子宮頸癌にかかりにくいという医学的なデータが存在します。子宮頸癌というのは性行為の際には相手から癌のウイルスを貰うことによって生じる病気であるため、避妊薬を利用してウイルスが入ってこないようにすれば病気を防ぐことが出来るようになるのです。特に、ソープなどのように日常的に性行為をしないといけないような場合には非常に重宝します。
低用量のものであっても、身体に生じる避妊の効果に大きな違いはありません。そのため、安全に避妊をする事が出来るのです。